エステナードソニックMOMOとROSEの違いについて

エステナードソニックMOMOとROSEの違いとは?


エステナードソニックの主力機種と言えば、MOMOとROSEでしょう。どちらも大きな違いはないのですが、しいて言うならROSEの方がおすすめです。最新機種のROSEにしかない機能がいくつかあるからです。ここでは、ROSEしかない機能を紹介していきたいと思います。

自動スキンセンサー機能


ROSEには自動スキンセンサー機能が搭載されています。これは肌の水分量を感知して、最適なトリートメントをしてくれる機能のことです。水分の少ない部分(乾燥部分)には、イオンが高出力で放出されるような仕組みになっているのです。従来の機種はイオンの出力量が一定だったため、乾燥している部分と乾燥していない部分とでケアにムラが出てしまうという難点がありました。また、肌の状態に合わせてイオントリートメントと超音波トリートメントをバランスよく出力できるようになりました。自動スキンセンサー機能の搭載で顔全体をムラなくケアができるようになったのです。この機能は特許も取得しています。

自動スキンセンサー機能


マルチウェーブ機能も新たに搭載


マルチウェーブ機能とは、ヘッド部分の温度を最適な温度に保つ機能のことです。ROSEのヘッド部分は、周波数が1〜8MHZの間で自動で切り変わることで、季節に関係なく最適な温度を保てるようなりました。肌の温度を最低な温度に保つことで、よりジェルが肌に浸透しやすくなるのです。ROSEを使っている方の多くが「温かくて気持ちいい」と感じているのは、このマルチウェーブ機能によるものです。

金属アレルギーの方はMOMOがおすすめ


冒頭で説明をしましたが、MOMOとROSEをどちらかを選ぶのであればROSEの方がお得です。ただ、金属アレルギーの方に関しては、MOMOを選んだ方がよいでしょう。ROSEのヘッド部分はステンレスでできているのに対して、MOMOのヘッド部分は18金でできています。金属アレルギーの方ならご存知だと思いますが、18金はステンレスなどと比べてもアレルギー反応が出にくいので、使ったとで肌がかぶれにくいと言えます。